研修担当者に必要なのは企画力ではなく状況把握力です。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
上の名前がコージ、下の名前がコーダイです。 兵庫県生まれ、福岡市在住。2児の父。 人の意識を変え、国際協力の必要のない持続可能な社会にすることが目標です。
詳しいプロフィールはこちら

どうもコージコーダイ(@kodai_chi_koji)です。

研修会社のウェブサイトなどを見ていると、研修企画の立て方などが丁寧に解説してありますが、研修を講師に依頼するのであれば細かい研修内容の企画まで担当者がする必要はありません

むしろ、しないほうがいいぐらいです。

担当者に必要なのは企画ではなく「状況把握」です。

 

スポンサーリンク

研修の企画ではギャップを埋める?

 

以下は、多くの研修会社等で言われていることです。

研修は、「組織の期待する人材像」と「現時点での人材(スタッフ、従業員など)の現在の姿」とのギャップを埋めるための教育である。そのために企画は考えないといけない。

 

ハッキリと言います。
このような認識で研修を実施してきたから、今日の「研修ギライ」が生まれたと私は考えています。

主催者が勝手に課題を設定して、それを「教え込む」のであれば子どもの学習です。
>>>【生涯学習】大人と子どもの学びの違い【アンドラゴジー】

 

しかし、このギャップを埋めるという部分だけに関しては大きく間違えてないと私も考えます。

 

ギャップは「研修参加者の理想」と「研修参加者の現実」の間にあるんです。

このギャップの解消を研修の目的にするから、参加者の主体性が促され、結果的に成果に結びつくんです。

 

担当者は状況把握できているか?

 

担当者がしないといけないのは状況の把握です。

もう少していねいに言い換えると、
研修参加者である従業員などが現在何に困っているかについて把握している必要があります。

これについては、正直なところ、日頃の人間関係に依存してきます。
また、アクティブリスニングなどの専門的なスキルも必要になってきます。

担当者が「こう思う」という思い込みではだめです。
現場の「ホンネ」が知れる関係が築けている必要があります。

もし、さっぱりわからない・・・という場合は、その状況がまず危機的な課題と言えるかもしれません。

 

現場の声が聞こえてこないのなら

 

職場内の相互理解が進んでいないのであれば、
コミュニケーションを円滑にするための研修を実施するというのも一つの手かもしれません。

例えばですが、

本音を探るためのコミュニケーション改善研修
現場の声を聞き取る 
現場の課題を解決する研修 

といった、二段構えの研修を実施するというのも一つの手です。

 

まとめ

 

耳障りのいいことを言ってくれる研修会社はたくさんあります。
もちろん、本当に善意でそう言ってくれるところも多くあるでしょう。

しかし、業界の実態としてはとにかく「実施すること」が目的になっている業者も少なくはありません。

研修会社や講師に任せることができる部分とそうじゃない部分があります
しんどくても状況把握のためにまずは向き合うべき組織や人としっかりと向き合ってみましょう。

プロの講師に仕事を依頼すれば、企画を立てる前段階から適切なアドバイスを得られます。
悩んでいるのであれば、一度相談をしてみてはいかがでしょうか?

その他、各種研修・講演関係の記事をまとめましたのでどうぞ。
>>>【まとめ】講演・研修関係(実践者用/依頼者用)の記事【随時更新】

 

社会課題をお金に変える!!
今まで私が培った講演ノウハウを全部!!
しかも無料で公開することにしました!!

お金をもらいながら
社会を良くするスキルを
身につけませんか?

動画+メールの講座なので、
自宅にいながら学べます。

今なら、
「豪華特典」も付いてます。

詳しくはメール講座の最後で!

この記事を書いている人 - WRITER -
上の名前がコージ、下の名前がコーダイです。 兵庫県生まれ、福岡市在住。2児の父。 人の意識を変え、国際協力の必要のない持続可能な社会にすることが目標です。
詳しいプロフィールはこちら










Copyright© シンカクションリサーチ , 2019 All Rights Reserved.