あなたの力で持続可能な世界を実現しよう!

Twitter発信強化中!Follow me!

ハイハイレースで負けた!惨敗!マジで悔しいから必勝法を考え直した。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
上の名前がコージ、下の名前がコーダイです。 兵庫県生まれ、福岡市在住。 最近、長男が生まれてパパになりました。 暇を見つけては講演、研修の講師をしています。 人の意識を変え、国際協力の必要のない持続可能な社会にすることが目標です。
詳しいプロフィールはこちら

どうもコージコーダイ(@kodai_chi_koji)です。

最初に謝らせてください。

 

すんません。

今日の午前中、最高に調子乗ってこんな記事をアップしたんです。

>>>リトルママフェスタ福岡のハイハイレースで優勝!勝つ方法を伝授!

 

正直ですね、もう必勝法だと思ってました。

我が子は多分あれだ。

赤ちゃん界のボルトだと。

 

Usain Bolt by Augustas Didzgalvis (cropped)

 

そう思ってました。

 

しかし、この記事をアップして、その足で行って来たんですよ。

そう、

 

ハイハイレースね!

 

結果、惨敗。

マジでこれでもかってぐらい負けました。

 

だから、必勝法をさらに確実なものにするために反省をします。

 

この記事を読むと、

  • ハイハイレースのバリエーション
  • どうして負けたのか(事例)
  • どんなハイハイレースでも勝てる無敵の必勝法(考え方)

が分かります。

 

スポンサーリンク

ハイハイレースのルールって色々あるのね!!

 

そもそも、ここですね。

ハイハイレースって会場によって全然違うルールがあるんですね。

 

前回は、伴走型のハイハイレースやったんですよ。

つまり、前で誘導してオッケーのね。

 

でも、今回はなんと!!!

ゴールラインから呼ぶパターンのやつ!!!

 

しかも、コース内には様々なオモチャがトラップとしてばら撒かれてて赤ちゃんの気が散るシステムでした。

 

なんやねん!この鬼畜仕様!

 

ただ、この仕様はほとんど関係なく、我が息子はスタートラインで制限時間がくるまでワーンワーンと泣き続けました。

 

なんで負けたの? 悔しい!

 

悔しいけど負けました。

ただ、ちゃんと考察します。

 

今回はですね、スタートラインで妻がヨーイドンの合図まで息子を押さえ、ゴールラインで私が呼ぶという作戦でいきました。

前回の考察で導き出した勝利の方程式の一部を流用して、普通に家の雰囲気で呼ぼうと思ったわけです。

 

で、実際どうしたかというと、

 

ヨーイドンで妻がゴールラインに移動したんですね。

これも実は作戦として事前に話したんです。

「家でも妻と私が分かれてたらその間を行ったり来たりするからスタートしたらゴールで二人いた方がいいね」

ってね。

 

しかし、この作戦が失敗でした!

 

なぜかというと、息子からするとレースとか関係ないわけですよ。

つまり、突然人がわんさかおる中で、一人でスタートラインに放置して父も母も遠くに行ってしまった。

 

そして、号泣!

 

よく考えたら当たり前ですよね。

ごめんね、息子ちゃん。

 

負けるべくして負けたんです。

 

今回の負けから導かれた新たな勝利の方程式

 

負けといてこんなん言うのはなんですが、前回の勝ちも今回の負けもやっぱり理由がありました。

そして、考え方の根底はおそらく間違えてないと思うんですよね。

 

前回も言いましたが、

赤ちゃんも考えて行動しているんです!

 

これを忘れると勝てません。

いや、正確には勝てたとしてもたまたまです。

 

赤ちゃんの考えにどれだけ寄り添えるかが勝利のポイントです。

 

赤ちゃんが何を考えてると思いますか?

 

レースで勝とう?

思ってません。

そもそも、レースだなんて思ってません。

 

いいですか、赤ちゃんはレースなんてしてないんです!

 

何をしてるか、

パパやママと遊んでるんです!!

 

どうです、今回の敗因も必然でしょ?

パパやママと遊んでるつもりが、突然パパもママもどっかに行っちゃった!

 

そりゃ、泣きますよ! わめきますよ!

 

どうすればよかったのか、

絶対的な答えはもちろんありません。

 

ただ、息子がどうして欲しかったのかが答えかなと思います。

そして、その方が勝利に近づくはずです。

 

今回でいうと、スタートラインに妻はいたままでよかったんじゃないかなと考えています。

そして、ゴールラインに私がいる。

 

行ったり来たりはするかもしれませんが、

泣き出してパニックになる可能性はかなり低くなるはずです。

 

何よりも、息子が会場を楽しそうに走り回ってくれる

 

それが大勝利だと思いませんか?

 

まとめ

 

今回の、ハイハイレース出場をきっかけに、親としていろんなことを学びました。

勝負に拘るのもいいかもしれません。

 

でも、きっと必死な顔のママやパパ、きっと赤ちゃんからしたら怖いですよ!

 

でも景品が!

って大丈夫!
負けても結構色々もらえます!

ちなみに、今回の戦利品はコチラ。

 

 

 

ハイハイレースの出場がきっかけで、家族がキャッキャと盛り上がれて、

赤ちゃんも楽しそうにハイハイができたらもう大勝利です!

 

どうやら今回の必勝法は決定版かもしれませんね!

 

前回の勝った時の記事はコチラからどうぞ
>>>リトルママフェスタ福岡のハイハイレースで優勝!勝つ方法を伝授!

子育て系でよく読まれている記事はコチラ
>>>親になることについて真剣に考えて見た。男だって子どもが生まれたら変わるんだ!

この記事を書いている人 - WRITER -
上の名前がコージ、下の名前がコーダイです。 兵庫県生まれ、福岡市在住。 最近、長男が生まれてパパになりました。 暇を見つけては講演、研修の講師をしています。 人の意識を変え、国際協力の必要のない持続可能な社会にすることが目標です。
詳しいプロフィールはこちら










Copyright© Life is Action Research. , 2018 All Rights Reserved.