あなたの『成解』を一緒に見つけよう!

【難民射殺】政治家は発言の撤回をしない方がいい。【麻生太郎】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
上の名前がコージ、下の名前がコーダイです。 兵庫県生まれ、福岡市在住。 最近、長男が生まれてパパになりました。 暇を見つけては講演、研修の講師をしています。 人の意識を変え、国際協力の必要のない持続可能な社会にすることが目標です。
詳しいプロフィールはこちら

タイトルは時事ネタですので、麻生氏の発言を意識した書き方をしていますが、麻生氏の今回の難民に対する考え方がどうかについてはここでは議論の外にします。

氷山の一角

政治家はいかなる時も発言の撤回をしない方がいいと思うのです。

理由は単純で、発言は考えの表層でしかないからです。

だから、撤回しない方がいいというよりも、撤回するということが現実の世界で可能なのかどうかという問題があると思います。

待ったなし!

相撲や将棋、碁の世界ではよく使われる言葉ですね。

相撲の場合は若干違いますが、将棋や囲碁の場合は一手前に戻してよ!とお願いしたい時に使うのが「待った」です。素人同士では至極普通に使われますが、公式にはルール違反で反則負けです。

じゃあ、政治の世界はというと、間違いなくプロの世界でしょう。待ったなしは当たり前です。

胸を張って政治をしてほしい。

発言を撤回ではなく、発言の背景に自分の考えのどういったおかしさがあったのか(あるいはなかったのか)をはっきりとして、反省をするにせよ(反省をする必要がなかったにせよ)胸を張って次に進めばいいのだと思うのです。

撤回しました!(でも考え方は変わっていません)

それで何もなかったかのように進んでいくことが多すぎるように感じるのです。

何度も繰り返しになりますが、発言が問題なのではないのです、発言の背後にあるものが問題なのです。

政治家になったんなら、きっとそれなりに志はあるのでしょう。でしたらやっぱり胸を張っていただきたい。発言を非難されたのなら、問題をしっかりと整理し、自分の考えを述べて、解決させた上で、政治を前に進めていただきたい。

それができない人が「政治」をできるとは思えないのです。

番外編

政治以外の芸能系のゴシップでも言っただの言ってないだので世間を賑わすことがありますが、個人的にはコチラに関してはどうでもいいです。撤回しようがしまいが、特に問題はありません。

何なら、当事者とタレントの利害関係のあるスポンサーたちと、ファンクラブの人を相手に謝罪の場でも設けてください。正直、不倫や多少の犯罪を犯したしたからといってギャーギャーと騒ぎ立てることに下世話な理由以外が見当たりません。

この記事を書いている人 - WRITER -
上の名前がコージ、下の名前がコーダイです。 兵庫県生まれ、福岡市在住。 最近、長男が生まれてパパになりました。 暇を見つけては講演、研修の講師をしています。 人の意識を変え、国際協力の必要のない持続可能な社会にすることが目標です。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Life is Action Research. , 2017 All Rights Reserved.